pcにもレンタルサービスが存在する

世の中にはさまざまなレンタルサービスが存在しますが、自宅や会社などで使用するpcに関してもレンタルサービスがあります。しかしpcというと、自分で購入するのが普通であるため、レンタルサービスがどういうものなのか分からないという方も多いでしょう。そのため、ここでは、そのメリットやデメリットについて分かりやすく紹介します。

レンタルするメリットとは

メリットに関しては、まず費用を安く済ませることができるということが挙げられます。特に初期費用に関しては、一括で購入する場合は数万や十数万というお金がかかってしまいますが、レンタルであれば基本的に月々数千円程度の使用料を支払うことで利用することができるため、一度にかかる費用負担を大幅に軽減することができます。次に挙げられるメリットは、pcに不具合が起きたときなどに対応してもらえるということです。不具合の改善はもちろんのこと、場合によっては本体を交換してもらえることもあるため、初心者でも安心して利用することができると言えるでしょう。さらに会社などで複数台をまとめて利用する場合は、保守管理が必要となりますが、借りてしまえばその保守管理も含めた契約を行うことにより、購入する場合よりも安く安全に管理を行うことができます。

レンタルするデメリットとは

一方のデメリットに関しては、長い期間使用するのであれば購入したほうが安くなるケースもあるということが挙げられます。レンタルの場合は毎月料金を支払わなければならないため、長く使用するほど料金の総額が高くなってしまうということです。しかし、あらかじめ長く使用することを前提としたプランを選べば月々の料金を安くすることも可能なので、その点も考慮した上で検討するとよいでしょう。次に挙げられるデメリットは、気に入ったpcであっても自分のものにはできないということが挙げられます。pcは使っているうちに使い勝手が良くなったり愛着が湧いてくる場合がありますが、借りる場合は、当然のことながらいつか返却する必要があるということです。さらに、返却時にデータを移動させなければならないという手間がかかってしまうこともデメリットだと言えるでしょう。

pcのレンタルが向いているケースとは

以上のようなメリットとデメリットを考慮すると、pcのレンタルが向いているケースというのは、まず比較的短期間使用する場合だということが言えます。そしてpcにあまりこだわりがないという場合や、pc初心者の場合、そして会社などで利用する際に保守管理の手間を掛けたくないという場合などにも向いていると言えるでしょう。